孤独のセミリタイア

天涯孤独・社会的孤立状態のアラフィフおじさんが、米国株投資でセミリタイア達成。 日々思う事を不定期で綴ります。(旧この社会の片隅に)

セミリタイア達成(?)というお話

今月の勤務は今日で終わりました。 

来月からは勤務日を減らし週20数時間労働となります。体調を崩しているのが大きいですが、米国株投資の方がお陰様で好調で、このペースなら年金受給までの間に大きく資産を毀損する事もないだろうと判断しました。

ストレスフルな仕事を週4から週3に変えただけで、決して労働から解放された自由な生活をする訳ではないですが、セミリタイアという言葉に厳密に定義がある訳でもなく、自己満足ではありますがこれにて達成とさせていただきます。

あと相続と退職が重なった関係で払っていたべらぼうな額の社会保険税の支払いも終わるはず。2018年の11月から続いた死後手続きのドタバタも、自分の中ではようやく一区切りとなります。

 

正直達成感は全くなく、ただひたすら徒労感しかないです。休日もぐったりしていてネットニュースかYOUTUBEを見るくらい。ブログの更新はもちろん、大好きだったゲームをする時間も中々取れずにいます。

世間の方から見たら羨むような資産を手にしても、家族も友達もおらず親戚とも縁が切れ、何を見ても楽しくないし何を見てもため息しか出ない、そんな日々でお金の使い道もろくにないまま、以前と同じボロ公団での貧乏暮らしを続けているのが現状です。

自分のセミリタイア達成はとても人様に自慢できるものではなく、ましてインフルエンサービジネスで稼げるような代物でもない。血反吐を吐きながら走り続け、無人のゴールについた途端に力尽きるという、何とも情けなく無意味なものでした。 

 

「 一切の書かれたものの内、私はただその人がその血をもって書かれたもののみを愛する」。ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」の中に出てくる、自分の好きな言葉の一つです。 

ならセミリタイア界隈の血で書かれていない言葉とは何か、自分が思うに「月収の8割を淡々と積み立てる」とか「やりたい事で月5万の副収入」とか「楽天モバイルに切り替えて通信料節約」とかそんな所です。

綺麗ごとでアクセス稼ぎはしたくないと思いつつ、他人の愚痴やぼやきに耳を貸す人もいないのが現実で、ブログの今後については迷いもあります。プライベートを大切に、せっかくなので貯まったゲームを少しづつ消化しようかと思っています。

 

更なる目標であるアーリーリタイアに向けて頑張る事には変わりないですが、もういつ死ぬかも分かりませんし、今となってはどうしてもやりたい事がある訳でもないので、今後は終活がメインになるかと思います。

ただここまで体調を崩していると、死ぬまでに一度はしたいと思っていた海外移住はちょっと厳しいかもしれません。日常会話くらいなら片言英語と翻訳アプリで何とかなると思うのですが、さすがに外国語で自分の病状を説明する自信はないです。

もうこの国に良い思い出は一つもないと言うのが本音ではありますが、まぁ新型コロナが落ち着いた後に機会があれば、ショートステイくらいから無理せずにトライしてみようと思います。