孤独のセミリタイア

天涯孤独・社会的孤立状態のアラフィフおじさんが、米国株投資でセミリタイア達成。 日々思う事を不定期で綴ります。(旧この社会の片隅に)

SPYDの増配に思う

SPYDが増配との事で歓喜の声が溢れています。

 

www.bloomberg.co.jp

 

12月配当は前年同期比に比べても2割の増配だそうです。利回りは取得価格にもよるのですが、底値で仕入れた人なら7%・高値掴みした人でも4%台にはなるとYOUTUBEで聞きました。

ご存じの通りコロナ禍の最中には暴落と配当減が重なり、ネットでは後出しジャンケンでボロクソに叩かれていた訳ですが、ホルダーの皆様方にはおめでとうございますと言いたいです。

 

自分は売りはしなかったのですが、株価が回復基調にあっても減配に苦しんでいた9月頃から買い増しも控えており、HDVに比重を移していました。今にして思えばもう少し買ってもよかったですね。

まぁ投資家一年目でコロナ禍を経験したのは不幸中の幸いでした。比較的安く仕込めた事もありますが、投資家として学ぶところも大きかった。ホールド力が身についたと自負しています。

 

自分は何度かポートフォリオを公開していますが、インカムゲイン狙いの高配当株投資もキャピタルゲイン狙いのインデックス投資も両方やっている人間。その為全体の利回りは高くはないですが、おかげ様で配当は少額ながらも継続的に得ています。

4%ルールで有名なFIREの本にも、インデックスが値下がりした時に多く売ってしまうのを避けるために、高配当銘柄を持つのはありだと書かれているそうです。実際読んでいないので細かい手法まではちょっと分かりませんが、そう聞いた事があります。

 

いずれにしても一番大切なのは手法そのものより、その手法が腹落ちしているか・自分の血肉になっているか。逆に言うと腹落ちしていないと、匿名インフルエンサーの意見に右往左往して、売買を繰り返し手数料貧乏になる。

米国株投資自体は本当に素晴らしく再現性が高く、また数少ないプラスサムゲームでもありますので、できるだけ多くの方が退場せずに生活を豊かにすることができるとよいなと思っております。