この社会の片隅に ~In this corner of the society~

天涯孤独・社会的孤立状態のアラフィフおじさんが、投資と在宅ワークでセミリタイアを目指す日誌

電通マンの副業とは

広告代理店の電通が、一部正社員を個人事業主にするという報道がありました。

 

www.nikkei.com

 

論点は色々あると思います。多くの業務委託契約がそうであるように体の良いリストラ・労働基準法逃れという見方、いや固定報酬と10年契約が約束されている分ましな方なのではという意見もちらほら見かけます。

アンチ電通である自分の立場から見ると突っ込みどころ満載なのですが、個人事業主業務委託契約を結ぶという良くある人減らしに「ライフシフトプラットフォーム」と名付るセンスがいかにも広告代理店の考えそうな事だなと思いました。

今まで電通が散々やってきた錬金術・どす黒い欲望にきれいな装飾をして高い値札を付けて売りさばくからくりに、今度は社員自らがはめ込まれる側に廻っているのには、さすがに運命の皮肉を感じざる負えません。

 

後「他社での仕事を新規事業に生かして欲しい」という建前なのですが、それなら新会社を作る必要も40代以上に限定する必要もないよなぁと思います。更に競合他社との業務は禁止という縛りでどれだけの事ができるものなのか。

自分は以前副業に否定的なエントリーを書きましたが、例えば200人の個人事業主電通の看板でインフルエンサービジネスを始めたら、ただでさえ息苦しいネット社会が更に居心地悪くなるのは間違いないです。

副業解禁とはいえ、電通マンが本業の片手間に農業をやったり自作のアクセサリーを販売したりするのはちょっと想像つかない。情弱をカモにする事で金を稼いできた人達なのだから、普通に考えたらそのノウハウを駆使するだろうなぁと。

 

広告はいつの頃からか、時代を映す鏡ではなくなり単なる嫌われ者になった。セミリタイアやミニマリストを目指している人・また高齢フリーターや氷河期世代のような経済的困難にある人なら、消費を是とする洗脳からは既に解けている事と思います。

正社員として手厚い待遇を受けながらクリエイターを気取っている輩は、世間と感性がずれているのに気づかないのかもしれませんが…。そうした人は一度外の空気を吸った方が良いものが作れるのではと思いますけどね。

最近景気の悪いニュースが本当に増えてきましたし、コロナの影響が出るのはこれからなので一般論なら会社にしがみ付いた方が良いのでしょうが、電通勤務ならもう十分資産はあるでしょうし、 個人的には皮肉くらいしか言う事がないニュースでした。