孤独のセミリタイア

天涯孤独・社会的孤立状態のアラフィフおじさんが、米国株投資でセミリタイア達成。 日々思う事を不定期で綴ります。(旧この社会の片隅に)

投資家の薦めるリタイア時期

フォローしている投資家のチンギスハン氏がリタイアに関するエントリーを上げていました。

 

www.tingisuhan.com

自分は基本的に匿名の投資家アカウントは信用してないのですが、紳士的で誠実な人柄で密かに応援している方もおり、一人はたぱぞう氏・もう一人がこのチンギスハン氏だったりします。

彼は自分の知る限り資産額やポートフォリオを公開していませんが、VOO+QQQというシンプルな投資手法を薦めています。海外ETFが面倒でもS&P500やNASDAQ100に連動した投資信託を買えば再現可能ですね。

(コロナ禍直後には広瀬隆雄の薦めるワクチン会社の個別株を購入していたようですが、インフルエンサーに乗っかって苦戦した話を赤裸々に語れる辺りも、人柄なのかなぁと思います。)

 

そんな彼がブログとYOUTUBEチャンネルでリタイア生活に関する内容を語っていいました。感情に惑わされて決断しない事・リタイア生活に夢を持たない事などなかなか示唆に富む内容です。

(人を褒めるのに他人をけなすのは好きではないですが、セミリタイアブログの中には「働きたくない」という目的ありきで会社を辞め、結果的にはただの貧乏暮らしに陥っている人もちらほら見受けられます。)

彼は65歳でリタイアしたそうで、年齢的にはいわゆるアーリーリタイアやFIREではない、極めて保守的な方なのだろうと思います。仕事を辞めるのは何時でもできるので、慎重に考えようよという戒めと受け取りました。

 

一つ気になったのは細かい事ですが「シミュレーション」を「シュミレーション」と言っている所。まぁこの方はYOUTUBEでも「ボリンジャーバンド」を「ボンジャリーバンド」と頑なに言い続けたので、細かい事は気にしない方なのでしょう。

それくらいおおらかな性格の方がリタイア生活は成功するのかもしれませんね。第1回と書いてあるので続きが気になる方はブログやYOUTUBEチャンネルのフォローをお薦めします。