この社会の片隅に ~In this corner of the society~

天涯孤独・社会的孤立状態のアラフィフおじさんが、投資と在宅ワークでセミリタイアを目指す日誌

データ入力で在宅ワークは稼げるか(1)

在宅ワークで気になる記事があったのでご紹介です。

 

manetatsu.com

筆者について調べるとツイッターのフォロアー300人前後のWEBライターで、まぁインフルエンサーまでは行かないまでも副業や在宅ワークの経験があるのは間違いないようです。

WEBライターにありがちな、自分は何もせず他メディアの引用だけで記事を書くタイプではなさそうですが、それでも現役在宅ワーカーである自分から見ると疑問点が多い記事でした。

 

僕がこの記事を眉唾ものだと思う理由は幾つかありますが、一つは自分がそんなに稼げていないというのがあります。以前動画編集に関する記事の中でも述べましたが、よほどの特殊技能がないと在宅では稼げない。

去年ランサーズで稼いだ額のランキングをツイッターに投稿しようという企画があったのですが、月数千円しか稼げていない自分でもかなり上でした。記憶が不確かなのですが多分上位20%くらいには入っていたはず。

 

5万円稼げるかも怪しいですが、仮に稼げたとしてどれ位の労力がかかるのかを書いてないのもフェアじゃないと思いました。実際時給換算すると100円にも満たないような仕事がゴロゴロしているのがクラウドソーシングの世界ですから。

(仕事概要の中で「1作業〇分で終わります!」と書かれていても、実際作業してみるとそんなに早くはできないというのも、やっている人しか分からない在宅ワークあるあるですね…。)

 

あと初心者にはクラウドワークスがお勧めと書いているにも関わらず、その根拠が記事中に示されていないのにも疑問を持ちました。自分の場合ですが同業他社のランサーズの方がはるかに稼げているのでこっちをメインにしています。

以前のクラウドワークスは会員の交流できる掲示板があり、怪しい仕事もそこを読んでいれば避ける事が出来たのですが、今は閉鎖されてしまったので特別にお勧めする理由は自分には思いつかないです。

 

記事の中で筆者があげている仕事例として①BUYMAのメンテナンス②アプリやWEBデータを検索してデータにまとめる③クラウドワークスのタスク案件の3つをあげていました。これらについては次回の記事で述べます。